サイト説明   管理人   同人   絵倉庫   絵板   リンク   深遠サイド

大州東方祭
東方紅楼夢
赤ブーブー通信社公式ウェブサイト

近状
やる気はあるんですけど体がついていきません。歳ですね(しろめ

  ◆2007年10月22日(月) <このばかやろう
071022.png 400×400 11K

版権・南千秋(みなみけ)





「今期唯一まともに見るであろうアニメ」
「見たいアニメがことごとくこっちで放送されず、残ったのがこれだけなんだよな」
「orz」
「たかがアニメぐらいで・・・」
「違うぞ零さん、アニメはオタクのライフラインですよ!!」
「創作意欲を刺激する一番のはマンガ・アニメ・ゲームなんですよ!」
「・・・さよか」
「クラナドは最初から諦めてたけど、スケブももっけもないなんて・・・orz」
「ハルヒやらきすたはやっといて、なんでKEY作品はこっちでやらねぇんだろうな?」
「もうみんな死ねばいいのに」
「落ち着いてください」





みなみけ
「まあそんなわけで、みなみけ見ましたよ」
「チアキかわいいよチアキ」
「はいはい」
「声チョイスが微妙という声も聞くけどな」
「チアキは別にいいと思うよ?」
「カナは声がついてバカっぽさに拍車がかかったね」
「いい意味でも悪い意味でもな」
「ハルカは蘭姉ちゃん」
「・・・えっと?」
「コナンでしょ」
「マコトは、テンション高いキャラからただのウザイキャラになったな」
「ダメじゃん」
「確かに声が違和感だなぁ・・・まあ続き見らんことには何とも言えないね」
「まあマコトはマコちゃんになってからが本領発揮なんだろうきっと!」
「・・・まさかお前そんな趣味が」
「どんな趣味だよ!?」


「・・・原作読んでみたけど」
「ん?」
「・・・なんか白すぎない、これ?」
「背景ほとんど描いてないもんねぇ」
「ここまでコマの白いマンガも今時珍しいがな」
「ま、ぐちゃぐちゃ描き込んでデジタルトーン多用して〜なものよりマシだよ」
「まぁマンガは読みやすくてなんぼだしな」
「アニメは原作に背景を追加した感じだね・・・」
「だよねー」
「あと、原作はパンツマンガなのにアニメではまったく映してないとこが面白い」
「・・・そこまで再現しちゃったら、放送できないですよ」
「まぁ個人的にはそれがいい」
「あからさまなパンモロは萎えるだけだしな!!」
「知るか死ね」
「最近口悪いよ零さん?」





+web拍手ヘシン!!
□過去ログを見て進君は同志だと気がついた。みゆきさんいいよね! めがねいいよね!!!!1 byなゆ
「おう同志よ。わかてるじゃないか」
「意外なところで仲間が!」
「バカは友を呼ぶって言うしね」
「誰がバカだ。オレに失礼だろ」
「いやいや、進くんはともかくなゆ君に失礼だろ君たち!」


□書店で何となく「スケッチブック」が目に付いたので買ってみた
□育ちは神奈川ですが生まれは福岡なので、向こうの訛りが微笑ましい・・・
□久々に福岡行きてぇぇぇぇぇぇぇ
「おおー、同志よ!」
「意外なところで仲間がってか」
「それはもういいよ」
「自分の知る土地や言葉訛りが使われると、凄く親近感ですよね!」
「福岡でボクと握手!」
「勝手にやってろ」


□クルクルというか美遊ちゃのぺたんだ強調絵・・・スケッチブック買ってきちゃったよ いいですね まったり
□万有引力吹いた
「せくはらで訴えますよ!」
「・・・まぁ、発育不十分なのは事実だろう主よ?」
「わ、私はまだ育ち盛りだもん!」
「・・・不老の身で今更育つも何もないと思うが・・・」


「まあ美遊ちゃんのぺたん話は置いといて」
「ちょっと!」
「スケブ仲間がまたひとり! わはーい」
「ニュートンは万有引力を発見しました!」
「(ネタバレ自主規制)!!」
「いや、意味不明だし」
「気になる人はコミックス買ってね!(宣伝)」



□90k突破おめでとうごじゃます! これからもがんばってください応援してますョ!
□ボクもがんばって眠ちゃんと零ちゃをからまsアッー!(ズバッ byなゆ
「おおっと、もう90k行ってましたか! ありがとうございます!」
「HP開設してもうすぐ4年。ひとえに皆様のお陰でございます」
「まあ、お前にしちゃよくやったほうじゃねぇの?」
「態度でかいなキミは出番ないくせに」
「お前が出番くれないんだろうが」
「ともあれ、次は100k目指して頑張りますよー!」
「それまでここが残ってるといけどね」
「縁起でもないこと言うない!」












「ところで、最後の一文はどういう意味だ?」
「(∩゚д゚)アーアーキコエナーイ」


  ◆2007年10月13日(土) 昼月トーク

「ただいま戻りましたー」
「お帰り」
「やー・・・くたくたです」
「修行のほうは順調?」
「はい、頑張ってますよ」
「ん、正義の味方やってたんじゃないのか」
「何ですか正義の味方って・・・そんな大層なことはやってないですよ」
「でも遠出してたんだろ?」
「まぁ、人助けみたいなものですよ。修行も兼ねての」
「にしては、何かぼろぼろだな」
「どうせクルトにしごかれたんでしょ」
「あはは・・・そのとおりです」



「なあ美遊よ」
「はい?」
「クルクルの自己紹介まだだったよな」
「自己紹介?」
「ということで、クルクルの紹介してあげて」
「・・・へ? 私がですか・・・?」
「えーっと・・・クルクル?」
















「・・・」



「クルクルってば」
「・・・何だ主。用もないのに呼ぶな」
「用があるから呼んでるんだけど?」
「くだらん用は却下だ」
「もー」
「相変わらずのじゃじゃ馬っぷりだな」
「手前よりは遥かにマシだ、シン」
「このやろう」
「・・・えーっとですね・・・」
「クルクルは・・・私のパートナーなんです」
「名をクルトクルセルハ。形式的には私の従者なんですけど・・・」
「契約上な。それ以上は知らん」
「・・・私より偉そうですけど、実際偉いです」
「ダメだろそれ」



「と、まあそんな感じのキャラです。よろしくクルクル」
「気安く呼ぶな貧民」
「・・・口が悪いのは仕様です」
「あはは・・・ごめんなさい」





+web拍手ヘシン!!
□あえて表で「触手エルGJでした」と言ってみる。 さぁ零はどう出るか



   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) あばばばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /
  /      /
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)












「・・・なんか一瞬変なコメントが見えたのだが?」
「さあ次いってみよう!!!!1」
「必死だな」


□零さんは理解してなくても萌えを体現してるから問題なし!そして美遊って正義の味方だったんだ…(続
□続)たとえ零さんが喋らなくてもとことんまで弄らせて頂きますので
□覚悟しておいてください 
「いや、だからそんな大層なものじゃないです・・・」
「誇張しすぎだな。主はその域に達していない」
「やっぱドジっこ剣士が一番じゃないか」
「同意しよう」
「ひどい言い様ですね」


□進たんを嫁にください^q^零ちゃんでもいi(略
「・・・頭大丈夫か?」
「こらこら失礼だな!」
「このぐうたらを嫁になぞしたら人生破綻するぞ」
「ひでぇ言い草だな。ていうか嫁ってところに突っ込めよ」



□美遊たんの相方?クルクルさんの喋り方が某首領ぽいと思ったw
「センゴクさんのことですかw」
「似ているかどうかは知らないな。私は私の言葉を簡潔にかつ率直に述べているだけだ」
「私としてはもう少し労いの言葉も欲しいかな・・・?」
「無用な発言はしない主義だ」
「もー・・・」



□その絵の下どうなってるデスか〜?主に刀身的な意味で・・
「巨大な剣を地面に突き立てていると思っていただければ!」
「どうせ全体図考えないで描いただろ」
「うるさいうるさいうるさい!」
「何そのCV.釘宮」
「・・・?」
「いちいち相手にするな美遊」
「手前らの会話理解できんな」
「無駄な情報だ、理解しなくていいよクルト」


<<過去ログ>> 2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 09月 10月 
2011年03月 05月 
2012年04月 
2017年04月 

通常モードへ